ふなあん(鮒庵)について
あなたのTwitterでこのページを紹介できます!ぜひご協力ください!→

コンセプト ふなあん(鮒庵)とは

ぎんぶな(銀鮒)という魚は、古くから人里で親しまれてきた淡水魚です。派手さはありませんが、全身が銀色に美しく輝き、めだかやどじょうなどと仲良く泳ぐ、温和な性格で愛嬌のある魚です。きれいな水に棲むぎんぶなは、岡山県の郷土料理「ふなめし」など、身近な食材としても親しまれてきました。環境適応力がある魚ですので、有機汚濁が多い環境にも棲んでいますが、そのような環境に棲息するぎんぶなは食用にはならず、その存在さえも忘れがちです。とくに下水道が普及し、水環境との関わりが疎遠になりがちな都市部では、「ぎんぶな」という魚そのものを知らない子どもも多いのではないでしょうか。

猪名川流域のような都市部に棲むふなは、汚れた川での棲息を余儀なくされています。底に砂を敷いた水槽で飼っているとわかりますが、ふなには、川底に沈んだ餌をつつく習性があります。もし、合成洗剤などで川が汚れ、底がヘドロだらけだとすれば、ふなたちはどう思うでしょうか。考えていただきたいのです。

ふなあん(鮒庵)というブランド名には、ふながきれいな環境でも厳しい(汚れた)環境でも、何かを主張しているかのようにたくましく生きる姿に、何かを感じ取っていただきたいという想いと、食文化などで人々との関わりを持ってきたふなたちをきっかけに、身近な水環境のことを考えていただきたいという想い、そして、小さな身の丈レベル(庵)でささやかにはじめながらも、合成洗剤から石けんへの転換で、本来の水環境を取り戻すという環境保全モデルを確立し、近隣地域、そして、全国の河川流域にも、そのような動きを起こす契機につなげていきたいという想いを込めています。

そんな想いを込めた「ふなあん(鮒庵)」は、これまでよりも少ない使用量でも、石けん本来の優れた洗浄効果が得られ、使いやすさと洗浄性能、環境性能とを同時に実現する、独自開発の高効率石けん洗浄剤と、それに付随するサービスのブランドです。

小さなまちの石けん屋ですが、大手メーカーにはできない、地域密着だからこそできる、あたたかさを感じるサービスを心がけてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

↑ ページの上部へ

ふなあんについて メニュー

みんなにやさしい社会へ

「禁煙は愛」マーク ふなあんは、完全禁煙の社会づくりを推進しています。